健康のために取り組む食生活の改善

筋力トレーニングで健康を維持改善

メタボリックシンドロームという言葉が近年出てきたことによって、自分のお腹周りの脂肪などを気にする男性が増えてきました。女性は常にダイエットや健康に関しても意識しているところがありますが、男性に関しては病気になってから生活習慣を改善しようとするところがある為に、対処が遅れてしまいます。そんな健康を維持して、もしくは改善をしていくのに必要なことには、ランニングやウォーキング、または水泳のような有酸素運動が必要になりますが、実は筋力トレーニングと一緒にすることによって、より健康的な体へと作り変えることが出来ます。筋力トレーニングというと、ついつい辛いイメージを持つ人もいますが、これは軽めのダンベルや自分の体重を使う「自重運動」でも充分、健康生活を送る為の改善や良い字が出来るのです。

どのような方法でやるのかというと、軽いダンベルは1キロ〜3キロくらいでいいので、両手でそれぞれ持って持ち上げたり、腕を曲げたりして10回〜20回くらいやってみると良いです。そして、軽いダンベルを持った状態からのスクワットなども効果的で、実は有酸素運動などをやる前にそういった筋力トレーニングを行うことによって、より体脂肪の燃焼が促されるのです。その為に血液循環も良くなっていき、基礎代謝も上がってくるので、ダイエットにもなるのと筋力を維持するのにも役立ちます。こういった筋力トレーニングをちょっと改善してやってみるだけで、有酸素運動の効果とプラスして、健康な生活を送ることが出来るのです。

関連記事・情報