健康のために取り組む食生活の改善

健康維持のために、生活習慣を改善しています

健康な体は何よりも大切な財産だと思います。体が元気なら、やりたいことを何でもできるし、何でもおいしく食べることができます。年齢を重ねても、いつも元気な自分でいたいと思っています。特に40代に入ってからは、健康に対する意識がより強まってきたように感じています。また、健康を維持していくために、生活習慣も少しずつ改善するように努力するようになりました。たとえば、食生活です。以前は仕事で忙しい日が続くと、自炊するのが面倒になり、外食で済ませることが多かったんです。でも、最近ではどんなに時間がないときも、自分で食事を作って食べるようになりました。自分で作る食事は、外食とは比べ物にならないくらい栄養バランスに優れていると思います。野菜を多めに使って料理するのはもちろんのこと、そのときの体の状態に合わせてフルーツを取り入れたりするからです。

また、こまめに歩くことも心がけています。以前は歩いて15分ほどの距離でもバスに乗ったりして、気がつけば歩くという習慣がほとんどなくなっていました。でも現在は、少しの距離ならできるだけ歩くように気をつけるようになりました。また、デパートや駅では階段を使うようにしています。ウォーキングをするなど、大きなことは続けにくいですが、このようにちょっとしたことなら、毎日無理なく続けることができるんです。今までの生活習慣を少しずつ改善していくことで、毎日の健康づくりに役立つと信じ、これからも続けていきたいと思っています。

関連記事・情報